歯科技工科

CIMG0492
CIMG0492
歯科医のアイコン2

歯科技工科

CIMG0490

歯を復元する医療技術職

歯の被せ物や、入れ歯・歯並びを良くする矯正装置などを製作する技術者を歯科技工士と呼びます。

患者さま一人ひとりにあったオーダーメイドの歯を作る技術者。まさに、歯を作る「匠」といえます。超高齢社会の今、義歯(入れ歯)を必要とする人も増加しており、その数は今や3,000万人以上ともいわれています。歯科技工士は、歯科医療にとって欠かせない存在となっております。

歯冠修復物の製作

虫歯等により失われた部分の修復物を製作します。

義歯製作

歯を失ってしまった方に人生第2の歯を作ります。

矯正装置などの製作

歯並びを良くするための矯正装置を作ります。
歯科医のアイコン2 (1)

\ 歯科技工士の魅力 /

あなたも社長に!
独立開業できる仕事です!

歯科技工士は医療資格の中で数少ない独立開業できる資格です。本校の卒業生には独立し高収入を得ている方も数多くいます。‘夢をもてない時代’と言われていますが、歯科技工士は努力次第で誰でも社長になることができるのです。

不況に強い!
国家資格

人々の健康を支える医療の仕事は、景気によって大きく仕事が左右されることが無いので、安定した仕事だといえます。歯科技工士は人工の歯を作り人々の幸せな食生活の営みをサポートし、安定した生涯の資格といえるでしょう。

高齢社会に必要不可欠!
これからがチャンス

現在日本では、約3000万人の方が入れ歯を使用しています。これからますます加速する超高齢社会とともに審美歯やスポーツ歯科にも注目が集まっています。そこで期待されるのが歯科技工士なのです。

歯科医のアイコン2 (1)

校長メッセージ

大分県歯科技術専門学校
校長教授 相良明宏

技の糧は「患者さまへの思い」

歯科技工士になりたいと考えている学生の皆さん。これから学校を選ぶにあたって、皆さんはどの学校も同じという考えではありませんか。 もちろん、歯科技巧物を製作する技術に関してはどの学校も素晴らしいノウハウを持っておられると思います。 この学校ではそうした歯科技巧物を製作するための知識や技術だけではなく、「本当の意味で患者さまの治療を心がける」そうした考え方に基づいて歯科技工士を育成しています。 最近、よく「噛み合わせ」の重要性を多くのメディアなどでよく耳にします。しかし、本当に噛み合わせだけをよくすればいいのでしょうか?それ以前に顎がずれていれば皆さんがどんなに素晴らしい歯科技巧物を製作したとしても噛み合わせが良くなることはありません。もしかすると逆に悪くなるケースだって考えられます。 そこで本校では、「ホリスティック医療」という顎の状態から全身を診るということを基本に歯科医療に力を入れています。ただ単に歯科技巧物を製作するだけでは決して患者さまを治療するとはいえません。これから求められる本当の歯科技工士として共に学んでいきましょう。
歯科医のアイコン2

学習内容

年間スケジュール

1学年目 基礎を身に付ける

基礎的知識の習得、技術の訓練を基本とし確実に身につけます。

2学年 応用教育

即戦力としての最先端の技術とテクニックに、特別講座などでさらに磨きをかけます。

カリキュラム

有床義歯技工学

義歯を製作する上での理論、義歯の製作方法を習得。

歯冠修復技工学

金冠などの、形態、機能、色調などを回復させるための理論と製作技術を学びます。

矯正歯科技工学

歯並びを良くするための矯正装置を製作するための知識と技術を学びます。

小児歯科技工学

乳歯から永久歯にうまく移行させるための知識と技術を学びます。

口腔・顎顔面解剖学

顎口腔領域の形態、構造について学びます。

顎口腔機能学

顎口腔機能の基礎と臨床について学びます。

歯科理工学

より精度の高い歯科技工を行うための、歯科材料、器具の性質を学びます。

関係法規

歯科技工法などの法令を学び、歯科技工業務における適切な知識を学びます。

歯科技工学概論

歯科技工士の概念、理論について学ぶ教科です。歯科医療人としての意識を高めます。

造形美術概論

基礎美術力を高め、歯の形態や色調における観察・表現力を習得します。

歯科英語

歯科英語のテキストを中心に専門用語を学びます。

コミュニケーション学

他者の意見を整理し、自分の意見を相手に伝達するための知識を修得します。
歯科医のアイコン2 (1)

専攻科

IMG_004

さらにハイレベルな技術を習得

歯科技工の世界は、絶え間なく進歩しており「チタン床義歯」や「プレスセラミックス」など常に新しい技術や素材が開発されています。それらをいち早く活かせるよう最新の技術を習得するのが専攻科です。歯科技工士免許を取得後、さらに即戦力となる熟練した技術を磨きます。

主なカリキュラム

歯科技工での即戦力養成を目的として、「ベーシックコース」と「アドバンスコース」の2つのコースを設置。歯科器材メーカーによるセミナーもあり、両コースとも、サティフィケート(本科専攻科修了認定証)を授与されます。

ベーシックコース(就業年限/1年(昼間)定員/10名)

臨床での技工技術の向上を目的に臨床模型製作を中心としたカリキュラムです

■オリジナル・カービング トレーニング
■ベーシック・フルデンチャー テクニック
■ベーシック・クラウン・ テクニック
■ベーシック・メタルプレート テクニック
■ベーシック・モデル トレーニング
■オリジナル・モデル トレーニング
■臨床実習(診療所・提携ラボでの臨床実習

アドバンスコース(就業年限/1年(昼間)定員/10名)

ポーセレンや硬質レジンでの審美補綴技工の習得を目指します

■オリジナル・カービング トレーニング
■ベーシック・ポーセレン テクニック
■アドバンス・ポーセレン・ テクニック
■エステティク・デンチャー テクニック
■審美補綴トレーニング
■フルマウス・ポーセレン トレーニング
■マキシロフェーシャル トレーニング
■臨床実習(診療所・協力ラボでの臨床実習)

学校法人 溝部学園 大分県歯科技術専門学校
〒874-8567 大分県別府市亀川中央町29-10
TEL:0977-67-3038/FAX:0977-75-6636